菓子店舗一覧

tomura_1

とむら菓子舗

(とむらかしほ)〒272-0813千葉県市川市中山4-15-1

 中山法華経寺をはじめ、全国にある日蓮宗の寺に落雁などの和菓子を奉納。「東京オリンピックイヤーで約100周年を迎えます。父も私も歳を重ねましたが、それまでは頑張りたい」と話す5代目の伊藤珠紀さんが、先代の護さんと共に和の伝統を守りつつ、洋のエッセンスを加えた商品も開発し...

tagami_1

田上屋

(たがみや)〒272-0022千葉県市川市鬼越2-1-5

 昭和8年に開業し、製造や卸売りの他、ショッピングセンターの催事コーナーにて出店販売を実施。ようかんやまんじゅう、おはぎ、大福といったオーソドックスな生菓子から、記念日には赤飯や紅白まんじゅう、季節物では正月用の鏡餅や切り餅、お盆だんごなども手掛け、一般向けに電話注...

mon_1

創作洋菓子 モンペリエ

(そうさくかし もんぺりえ)〒272-0033千葉県市川市市川南1-5-17

 オーナーシェフの神保勝司さんは、厚生労働大臣による「現代の名工」に数えられる一人。生菓子から焼き菓子まで、約100種類のラインナップは圧巻です。写真手前は甘酸っぱいイチゴムースの中にチーズブリュレを入れた「苺の気持ち」(410円※ホール1,900円)で、鮮やかな色彩とさっぱり...

okano_1

御菓子処 大門岡埜

(かしところ だいもんおかの)〒272-0826千葉県市川市真間2-23-8

テレビ番組の企画「全国和菓子職人選手権」で準優勝に輝いた増田章太郎さんの店。その技を学ぼうと、日本各地から若者が門を叩きます。平成14年の「全国菓子大博覧会」で金賞を受賞した「からめきの瀬」は店を代表する銘菓で、茨城県産和栗の甘露煮入り(626円?)と、新潟県産白玉粉を使...

hougetu_1

御菓子司 峰月堂

(かしかつさ ほうげつどう)〒272-0805千葉県市川市大野町2-786

 店主の峯島重明さんは3代目で、主に新商品の開発を担当。写真はその一つ、重明さんが奥さまのアイデアを参考に生み出した「生クリーム大福」(150 円?)で、こし餡、抹茶餡、コーヒー餡の他、季節によってアールグレイ餡やカボチャ餡も登場します。餅米粉が主流になる中、同店では米粒...

shigetu_1

季彩菓庵 しげつ

(かさいかあん しげつ)〒272-0133千葉県市川市行徳駅前4-19-2

テレビ番組「全国和菓子職人選手権」に出場した経歴を持つ天羽庸高さんが、奥さまと 共に営む店。宮内庁新浜鴨場にてお茶菓子に承った「行徳焼」(180円)は、完成まで20年掛かったという逸品です。材料の厳選から配合、餡と皮のバランス、焼き加減など試行錯誤を続けて完成したどら焼...

kyouzan_1

菓匠 京山

(かしょう きょうざん)〒272-0115千葉県市川市富浜2-5-3

 和菓子を作り続けて55年という佐々木勝さんが手掛ける、餡と皮が別仕立てで、手詰めで いただく「薔薇もなか」(6個入り1,250円)。白小豆かのこ入りの、薔薇の香りがほのかに残る薄赤色の餡は、風味を損なわないよう缶詰めに。皮も、焼き上がりと同時にパッキングしているため「いつ...

P1090864
P1100692

和菓子所 八矢庵

(わがしどころ はちやあん)〒271-0096千葉県松戸市下矢切78-1

 “矢切の渡し”でも知られる松戸市矢切地区で、50年超の歴史を有する和菓子店。創業以来、地域に密着したお店経営で根強い人気を誇っています。現代表の今井浩志さんは和菓子に対する熱い思いから、女子高校生に好まれる和菓子や外国人に受け入れる和菓子など、既成概念にとらわれない自...

P1090794
DSC_2247

ピーナッツサブレー本舗 富井

(ぴーなっつさぶれーほんぽ とみい)〒270-2261千葉県松戸市金ヶ作408-328

 昭和48年の創業以来、千葉県の名産品ピーナッツにこだわったお菓子づくりで定評のあるお店。厳選した素材をもとに、職人の技で1つひとつ丁寧に仕上げています。お菓子ごとに千葉県の歴史に基づいたネーミングがつけられている焼き菓子シリーズ「千葉繁盛記」(3個入り945円~)や千葉県...

P1090434
P1060222

御菓子司 麻布 菊園

(おかしつかさ あざぶ きくぞの)〒264-0021千葉県千葉市若葉区若松町360-24

 創業者は大正・昭和を通じ、宮中におけるお菓子づくりに携わっていた方で、屋号の「菊園」は昭和30年の創業時に故・入江相政侍従長より頂戴したという由緒ある和菓子店です。東京の麻布十番で約四半世紀にわたり営業した後、昭和55年に千葉市に移転。古くから宮中儀式の際に引き出物と...