菓子店舗詳細

店舗情報

ピーナッツサブレー本舗 富井

P1090794P1090815P1090852
 昭和48年の創業以来、千葉県の名産品ピーナッツにこだわったお菓子づくりで定評のあるお店。厳選した素材をもとに、職人の技で1つひとつ丁寧に仕上げています。お菓子ごとに千葉県の歴史に基づいたネーミングがつけられている焼き菓子シリーズ「千葉繁盛記」(3個入り945円~)や千葉県のマスコットキャラクター・チーバくんをモチーフにしたサブレー(12枚入り882円)など千葉県ゆかりのお菓子も充実のラインナップで、千葉県の魅力を広く発信しています。
業種
和洋菓子
店舗名
ピーナッツサブレー本舗 富井(ぴーなっつさぶれーほんぽ とみい)[ 株式会社 富井 ]
所在地
〒270-2261千葉県松戸市金ヶ作408-328【千葉とみい・五香本店】
電話番号
047-388-7500
ファックス番号
047-388-6780
公式HPなど
ホームページ

冨井グループ各店舗のご案内は、ホームページをご覧ください。[ ご案内ページはこちら ]

商品情報(1)

こだわりの逸品

ピーナッツサブレー

DSC_2247DSC_8119P1130429

 落花生は県内の八街市や多古町の契約栽培農家から仕入れています。仕入れ先に関しましては、味・香り・甘みの三拍子揃ったものを求めて当社の代表自らがあちらこちらの畑を見てまわり、食べ歩いて見つけました。特に多古町の方たちは人柄が温かく、大事に作ってくださっているので信頼して使い続けています。また、サブレーは歯ざわりも重要なので、開発当初から小麦粉選びにもこだわりました。(4枚入り378円~)1個(本)あたりのお値段:95円(税込)

こだわりの技

作業2 ピーナッツならではのサクサクとした歯ざわりと芳ばしい風味を保つように、生地を職人の手でやさしく練り合わせ、まずは一昼夜ゆっくり休ませます。翌朝、生地がしっかり馴染んだところで1枚ずつ落花生の殻の形に型抜きし、オーブントレーに並べます。その後、選りすぐった大きいピーナッツを2粒のせ焼き上げます。焼き加減は独特のサクサク感に大きく影響するため、温度管理や焼き時間の設定はその日の気温や湿度と相談しながらベテラン職人が調整しています。
 また焼き上がってからパッケージングするまで粗熱をとるために冷ます時間が必要なことから、冷ましている間に湿気を吸収しないよう特に梅雨時はいつも以上に気を使っています。

商品開発ストーリー

 創業者である現代表は、もともとお菓子の仕事に携わってはいたのですが、いわゆるお菓子職人ではありませんでした。そんななかで菓子店を営んでいる知人から、下請けとして焼き菓子部門を手伝ってくれないか?と勧められ、創業当時は脱サラが流行していたこともあり、独立開業しました。
 その後、下請けだけではなかなか経営が厳しいことから自社ブランド商品を作りたいと考えていたところ、千葉県の名産品+自分たちで製造できるものということでピーナッツのサブレーに行きつきました。以降、特徴ある商品にするための試行錯誤を繰り返し、商品が完成するまでは1年ぐらいの期間を要しました。開発当初は小判型やハート型だったのですが、本格的に落花生をセールスポイントにしようと思い、現在のような形にしました。

オリジナルテーマ

お菓子に対する思い

 材料が美味しいと美味しいものができるという気持ちで創業以来、お菓子を作り続けてきたことがお客さまに受け入れられたと思っています。これまでに機械化を提案されたこともあったのですが、やはりお客さまに美味しく召し上がっていただくためには手づくりがいちばんということで、いまも手づくりにこだわって作業しています。ずっとそのようにして作ってきて多くのお客さまに支持されてきましたので、これだけはこれからも守っていきたいと考えています。また、私たちは創業以来ずっと千葉県の代名詞となるようなお菓子づくりを目指してきました。当社のお菓子を食べることによって、千葉を思い起こしていただけたらなと思います。

お客様からの声(評価)

 開発当初、柏市のデパートに商品を卸したところ、お客さまから「こういうのを待っていたのよ」というお言葉をいただき、私たちがやろうとしていることは間違いではないんだと自信を持ったことを憶えています。また創業当初は自社店舗がなく卸し専門にやっていたのですが、やはり小さくてもお店を持ちたいということから工場の一角で販売を開始しようとしたところ、「あなたのところでお店を出すのなら、私が最初のお客さんになってあげる」「がんばっていればいいことあるから。私たちが買ってあげるから」とご近所さんたちがいってくださったことは本当にありがたかったです。そういうお言葉を頂戴したこともあり、地元地域に貢献できるお店にしたいという思いで今日までやってきました。先日も、たまたま営業に来られた取り引き先の方が「僕も子どものころから食べていました」とおっしゃられたのを聞き、あらためてピーナッツサブレーの歴史を感じすごくうれしくなりました。

安全性について

 人さまのお口に入るものですので、食の安全性に関する基本的なことはすべて押さえているつもりです。また、お土産としてピーナッツサブレーをいただいた県外の方のなかには放射能汚染を気にされる方もいらっしゃるので、そういう問い合わせがあった場合には落花生の生産地や生産状況を説明するなどして、安心していただけるよう心がけています。さらに夏と冬とでは商品を包むフィムルの厚さを変え、品質に季節差が出ないよう心がけておりますし、賞味期限に関しましてもいちばん暑い時期を想定した60日という期限を年間を通してお客さまにお伝えしています。

おすすめの菓子店のご紹介

 千葉市みつわ台にある手づくり和・洋菓子の店「もりしん」さんです。以前、こちらのお菓子を頂戴した際、すごく丁寧に作っているなと感銘を受けました。当社が目標としているお店でもあります。